早漏とは、短時間での性交渉で射精に至ってしまうことです。
早漏の人の場合、本人の意思で射精のタイミングを変えることは困難です。
そのため性交渉後に、本人はもちろん、パートナーの心にも体にも不満が残ってしまうことがあります。
それが原因となってパートナーとの絆に亀裂が入ってしまうこともあります。
そのため早漏に悩んでいる人は、多くいます。

この早漏の状態を改善することができるのが、ダポキセチンという有効成分が入っている治療薬です。
ダポキセチンには、脳内のセロトニンの分泌量を増やす作用があります。
セロトニンには、ドーパミンによって起こる興奮や感じる快楽を抑える作用があります。
これが増えると、脳の興奮状態が抑えられたり、快楽を感じにくくなったりします。
逆にセロトニンが不足していると、自分の意思で興奮状態を制止しづらくなります。
早漏は、このセロトニン不足が原因のひとつとされています。

ところがダポキセチンを摂取することで、セロトニンが増えれば、ある程度自分の意思で射精のタイミングをコントロールできるようになります。
具体的には、服用していない状態と比べると、射精までにかかる時間が、3~5倍ほどに増えます。
射精まで3分程度だった人でも、10分ほど時間をかけることができるようになるのです。

ダポキセチンは、服用後比較的短時間で効果を発揮します。
個人差がありますが、だいたい1時間ほどで効果が出てきます。
そしてその効果は、約6時間ほど持続します。

ダポキセチンは、早漏やEDの治療をおこなっているクリニックで処方してもらうことができます。
自分自身の心と体のためにも、そしてパートナーとの絆のためにも、ダポキセチンをクリニックで処方してもらっている人は多いです。

▼参考サイト
薬 通販
▼オススメ早漏治療薬
プリリジーの口コミ体験談
タダポックス