早漏改善のためにのマニュアルがあるとして、まず第一項にあげられるのは「リラックスすること」でしょう。早漏になってしまう原因の多くは、心理的なものにあるといわれています。緊張してしまったり、焦りを感じることで、脳内のノルアドレナリンが大量に分泌され、強い衝動をまねいてしまうのです。
しかし、「リラックスしよう、リラックスしなければ!」と力んでしまっては、意味がありません。気の持ちようとはいっても、脳内物質の分泌量を意志でコントロールするのは不可能といってもいいでしょう。では、どのように対策すればよいでしょうか。

マニュアル第二項を挙げるとすれば、それは「早漏改善のための薬を上手に使おう」です。早漏になるのを防いでくれる、便利な薬があります。それは、ダポキセチンと呼ばれる成分を使った薬です。
ダポキセチンは、脳内物質セロトニンを増やしてくれる成分です。セロトニンは、心身に安らぎをもたらしてくれる物質であり、ノルアドレナリンとちょうど反対の作用をもっています。ダポキセチン含有の薬を服用すれば、脳内のセロトニン分泌が活発になり、リラックスしやすい状態になるといえます。緊張と興奮をしずめる事で、射精タイミングを遅らせることが出来るのです。

マニュアル第三項は、「続けること」です。どのような早漏改善方法も、すぐに投げ出しては効果がありません。特に、ダポキセチン含有薬は使い始めは効果がでにくく、継続するほど効きやすくなる薬です。性行為の有無にかかわらず、週一回服用することで、早漏のおきにくい状態になるといわれています。

早漏改善には、ポキセチン含有薬なども使用しながら、あせらず落ち着いてじっくりと構えましょう。