日本では少子高齢化問題が以前から叫ばれていますが、何も男女の間での営みがされていないわけではありません。その証拠に、あまり良いとは言えませんがシングルマザーも増えていますし、母子家庭に対しての社会的な支援や法の整備も整ってきています。行為自体はむしろ増加傾向にあるのかもしれません。
パーティーや合コンなど男性が女性と知り合う機会はいくらかあります。そこで気の合う女性と知り合うことができれば、大抵の場合はその日の夜に関係を持ちます。その際女性をオーガズムに導くテクニックも大切ですし、中には女性に連続でオーガズムを迎えさせるテクニックを持った人もいます。しかし女性からすると肝心なときの持久力もあってほしいようです。ところが、日本人男性のほとんどは早漏なのをご存知でしょうか。これには包茎が関係しているのですが、ほとんどの男性は普段亀頭が包皮に包まれていて刺激を受けないようになっています。そのため、行為の際は刺激に慣れていない亀頭が激しくし激されるためすぐにオーガズムを迎えてしまいます。
これを回避するためには早漏改善するしかありません。その方法は単純で、亀頭に日常的に刺激を与え続け刺激に慣れる以外にありません。早漏改善のための手術もありますが、結局これも包皮を短くして亀頭を露出させ刺激を与えることを目的としています。
早漏改善のための亀頭に刺激を与える方法としては意識してできるだけ包皮を剥いておくことがありますが、仕事などもあるため中々実行できない人もいるでしょう。その際には自慰行為について少し工夫をしてみると良いようです。例えばオーガズムを迎える直前で止めて落ち着いてきたらまた開始する、という流れを連続で行うことにより亀頭が刺激に慣れて早漏改善に役立ちます。また、連続で自慰行為を繰り返すことでも刺激に慣れることができます。注意点は集中して亀頭に刺激を与えるようにすることです。